アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

パブの入り方、注文の仕方

 久しぶりの投稿になってしまった。

 最近はようやく自分たちだけでパブに入るのも慣れてきた。といっても、まだまだ初めてのパブやカフェ、レストランに入るのは緊張する。というわけで、自分の備忘録がてらパブの入り方(注文の仕方)をまとめる。パブなんてほとんど入ったことがないし、英語力にも自信がないという人向け。

 まずパブの基本的な注文形式はカフェと同じだと思えばよい。レストランのようにウェイターはおらず、店に入ったら勝手に空いている席に座る。もちろん注文したあとに席を探してもよい。明確なルールはないけれど、人数が多かったり料理を注文するつもりなら先に席を確保し、ドリンクだけなら注文してから席を探すことが多いようだ。

 メニューはあったりなかったりする。ただ料理を出してくれるパブでは(たまにドリンクだけ提供しているパブもある)ほとんどの場合料理メニューが存在する。席になかったらカウンターの周囲を探し、それでもなかったらカウンターの人に(おそるおそる)聞いてみるのがよい。

 料理とドリンクを決めたらいざ注文する。料理を注文する場合は後でテーブルまで持ってきてくれる。したがってどこのテーブルに座っているか伝える必要があるので、テーブル番号を覚えておくかテーブルの場所を説明できるように用意しておくとよい(「その柱の向こうにある4人がけのテーブル」とか)。会計は注文したその場でする。現金でもカードでもよい。大抵チップは必要ない。

 以上。これはエディンバラを中心にいくつかパブを回った僕の経験なので、もちろん違う地域では違うローカルルールがあるだろう。最初に書いた通り、見知らぬパブに入るのはまだ怖いけど、ほとんどの場合ビールもワインも料理も(イギリスなのに!)おいしい。帰国する前にもう何度かパブに寄ってみたい。