アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

エディンバラのカラオケ

 先日、同級生たちとGeorge StreetにあるSupercubeというカラオケ店に行った。エディンバラに来てからは初めてだ。エディンバラに在住している人のブログなどを見る限り、ここがたぶんエディンバラでいちばん有名な?カラオケ店なんじゃないかと思う。

 ありがたいことに、このカラオケは部屋ごとに料金が決まっているので、何人で歌っても合計料金が変わらない。日本だと人単位で料金を取るので、大人数で行くとあんまり歌えない割に料金が変わらない、みたいなことがある。今回は10人用の部屋に11人くらいで入り、なおかつ学割やらオフピーク割引やらを使ったので、3時間で1人3ポンドくらいだった。安い。日本で1人カラオケが流行るのは、国民性の違いというのもあるだろうけど、料金体系の有利不利に依拠する部分もあるのかもしれない。ドリンクも、たとえば缶ジュースだったら1.5ポンドくらいなので、まあそんなに高くはない。

 ただし、歌のカバー率にはやや難があるかもしれない。まあせっかくだから洋楽を歌おうかな、と思ってThe OffspringとかRed Hot Chilli Peppersとかを検索してみたのだけど、それぞれ10曲くらいしか入っていない。日本のカラオケで洋楽を検索した方が明らかにたくさんヒットする。それから、日本語の曲は検索できないので一覧の載った本から探すのだけど(本から探すなんて懐かしい)、曲の並びがおそらくASCIIコード順になっているので探しにくいことこの上ない。きっと読み仮名なんて概念はイギリスのカラオケ店向けシステムにはないだろうから、まあ仕方がない。そんなわけで僕は歌いながら多言語対応の難しさ(きっと日本における読み仮名みたいに、他の言語でも特殊な仕様があったりするんだろう)について思いを馳せていた。