アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

英語力の半分はコミュ力

 日本にいるときからスカイプ英会話で練習したり、単語を覚えたり、リスニングしたりとひととおり勉強はしたけれど、英語で会話するためにはコミュ力も必要なんだなあと実感することが多い。考えてみれば当たり前の話で、日本語ができるからといって日本で完璧にどんな人とでもコミュニケーションができるわけではない。

 僕はもともとあまりコミュニケーションが得意な方ではないので、英語力もさることながらコミュニケーション力のなさで苦労することも多い。感覚的には、普段の会話において言語が占める割合はせいぜい半分くらいだと思う。以前に書いた雑談の記事も、きっと日本でコミュ力が高い人なら自然と何とかなっちゃうのではないか。

 これとは逆に、英語力をコミュニケーション力で補うこともおそらく可能だ。典型的な例がうちの奥さん。彼女は重点的に英語を勉強したわけではないけど、僕よりずっとコミュ力が高いので、相手の表情や身振り手振りで何を話しているかだいたいわかっちゃうらしい。僕からしたらエスパーなんだけど。その代わりに奥さんはスピーキングは苦手なので、2人で行動しているときは奥さんが相手の言うことを聞いて僕に「通訳」し、僕が答えることもある。

 正直なことを言うと、僕はイギリスに来て初めて自分のコミュニケーション能力に問題があることに気づいた。日本にいるときも色んな面でその兆候はあったのだが、母国語としての日本語力でなまじ何とかなってしまっていたので気づかなかったのだ。これもある意味で「自分探し」なのかもしれない。