Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

英語を勉強するための英語力

 

 英語を学習する際、あるいは最終的に英語圏の国に留学/在住/就職したい場合、「どの程度日本で英語を学習しておくべきか」は悩ましい問題だと思う。主に「英語を勉強するならとにかく早く海外に出るべき」「まずは日本でしっかり勉強してから」という2つの派閥があるようで(なかには「英語を勉強するなら日本でも十分。海外に出る必要はない」という意見もあるみたいだけど)、どちらにも説得力があるように思える。

 僕がなんとなく考える目安は「英語で行われる各種の説明が(なんとなく)わかるようになってから行くのがよいのではないか」ということ。たとえば現地の語学学校や大学に通う場合、講師や係員から授業の仕組み、成績評価の方法、あるいはアパートの鍵の扱い方など多岐にわたる説明が行われるだろうけど、そもそもこれらの説明が理解できないと勉強のための準備が整わない。インターネットのミームでいうところの「服を買いに行く服がない」というやつだ。

 例を挙げると、僕は10年ほど前にカナダへ語学留学に行ったことがある。しかしそれが初めての海外経験であり、なおかつろくに予習しないで渡航してしまったため、初期説明がまったく理解できずにすごく苦労した。寮の鍵がオートロックになっていることを知らずに何度も締め出されたし(さすがに3回目くらいで仕組みを理解した)、洗濯機の使い方すらわからなかったくらいだ。もちろんこうした苦労も勉強のうちといえるかもしれないけど、経験している最中はたまったもんじゃないし、どうせどこか別の場所で苦労するのだから「防げる苦労」は防いでしまいたい。

 一方で「チュートリアルを理解する」というのは意外に難しい。そもそも色んなシステムが日本とイギリス(あるいは他の英語圏の国々)で違うし、説明書や授業のシラバスといった説明書類は一般的に防衛的な文章になりがちだと思う(日本語でも定款やら利用規約やらは読むのが面倒ですよね)。白状すると僕は未だにチュートリアルが理解できなくてまごつくことがある。僕は大学院生としてイギリスに来ているけれど、正直に言って得意分野の専門書を読む方がずっと楽だ。

 多くの日本人にとって、口頭での説明の方が文書の説明より難関だろう。まずはリスニング力を鍛えて、それから英語でも日本語でもよいので渡航予定の国と日本との違いを予習しておくとよいと思う。