アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

セルフレジ

 イギリスでデビットカードに並んで便利だなあと思うものはセルフレジだ。そこそこの広さのスーパーマーケット、特にTESCOとかSainsbury'sみたいなチェーン店に設置されていることが多い。

 セルフレジの何がよいって、小銭が余って仕方がないときや、逆に10・20ポンド札をくずしたいときなどに利用できるところだ。日本では出来るだけ小銭は最小限に抑える(50円玉2枚は持たない、とか)ようにしているけど、イギリスだと20ペンスとか(日本人から見て)半端な硬貨があったりして、ついつい小銭がたまりがちになる。またスーパーマーケットでもカフェでも、有人レジで20ポンド以上の大きなお札を出すと露骨に嫌な顔をされる。こういうときにセルフレジに行くと、自分のペースで小銭を調整できるので非常にありがたい。といってもデビットカードを手に入れてからはほとんどカードで会計しているのだけど。

 たまに有人レジに行くと思うのは、イギリス人の袋詰めスキルがきわめて低いこと。日本のスーパーマーケットのおばちゃんたちの芸術的な手さばきと比べるのはさすがにかわいそうだけど、それにしたっていくらなんでももう少し考えて入れてくれよと思うことがなきにしもあらず。「ああこの人は本当に適当な順に袋に入れているんだな」とあきらめの境地に至ることが多い。大抵のイギリス的レジ係よりも一般的な日本人の方が袋詰めスキルは高いと思う。