Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

『けものフレンズ』式、海外雑談サバイバル術(2)

イギリス生活

 前回記事の続き。何気ない雑談を乗り切る(「?」と相手に思わせない)ための会話フレーズ。

 たーのしー!:レストランで食事していると、ウェイター/ウェイトレスの人がたまに「何か問題はない?」みたいに話しかけてくることがある。たいていはEverything is fine.とかLovely.とか答える。ホテルをチェックアウトするときも同様のことを聞かれるときがあるので、Qutie comfortable.とか答えればよいと思う。

 大丈夫ー!:誰かにSorry.とか謝られたときは、大丈夫ですという意志を示すためにThat's OK.とかIt's fine.とかNo problem.とか言えばよい。お店で何かを断るとき、たとえばカフェで「他に注文はあるか」と聞かれて「ない」と答えるときはNo, that's all. Thank you.とか返す。

 そうなんだー!:特に海外生活の始めは、誰かに何かを説明してもらうことが多いと思う。アパートの設備について、大学の図書館について、などなど。自分が内容を理解できて、かつ相槌に困ったらOkay.とかMakes sense.とかSure.とか言っておけばよい。説明が腑に落ちないとき、相手の話をうまく聞き取れないときはまずExcuse me.と言って相手がぺらぺら話し続けることを防ぎ、I couldn't catch your point.とかCan I confirm one point?とか言って「自分が腑に落ちていないこと」「その場所」を指摘する必要がある。

 以上です。こんな貧相な語彙でも最低限の相槌というか、「何でもいいけど何か一言いわなきゃいけない」みたいなときにちょっとは役立つ。

 もちろん、日常生活では常に肯定的な相槌を打てるわけではなく(日本と同じですね)、迂闊にOKとか言ってはいけないときはある。当然ながら僕もいつもきちんと指摘できているわけではなく、後から「やっぱあの話意味不明だなあ」とか「お釣りが少ないことを指摘すればよかった」とか後悔することはある(いちおうイギリス人の名誉のために言っておくと、ほとんどのお店で極めて正確にお釣りを渡してくれる。僕が遭遇したのは明らかにおしゃべりしながらお釣りを数えていたがためのウッカリ案件である)。模索の日々は続く。