アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

日本人ひとりでよかったこと

 僕の専攻には80名くらい学生がいるけど、日本人は僕1人だ。他専攻の学生も聴講する授業もいくつか受けてきたけど、日本人に会ったことはない。

 渡英前は、海外滞在経験がほとんどなかったこともあり、「日本人が少ない/1人の場所でやっていけるんだろうか」と少し心配だったけど、慣れてみると意外と気楽である。

 まず第一に他人と自分を比べることがなくなる。僕は「わかっちゃいるけど他人の目が気になる」タイプで、ついつい優れた同級生とか同期入社の同僚と自分を比べて落ち込んでしまう。きっとこちらでも、日本人留学生が身近にいて、僕より社交的で僕より英語がうまくて僕より成績がよかったりしたら、嫉妬で頭がいっぱいになっていただろう。出身大学とか、年収とか、社会的なポジションを気にせずに個人対個人の関係で話せるというのは、僕には非常に居心地がよい。たぶんこれと正反対の気質を持っているのが村上春樹のエッセイ『やがて哀しき外国語』に出てきた「共通一次男」(出会い頭に「僕の共通一次試験の点数はね…」「僕は◯◯省で課長補佐をしていてね…」などとマウンティングしてくる男性)なんだろう。

 それから、細かく気を使う必要があまりないのも気楽。まずもって僕の英語はきわめて拙いので、あてこすりやら嫌味やら皮肉なんて使えない(言えないし理解できない)。したがって、些細な言い回しに気を遣うことも少ない。というか喋っているときは正しい文法やら単語を選ぶことに手一杯でそんな余裕がない。また、相手の言動にちょっと「?」と思うことがあっても「まあ外国だしな」で済ませてしまうことができる(そもそも論を言えば、本当は日本でも「まあ他人だしな」で済ませてしまえばいいのだけど)。

 ちょっと長くなってしまったので続きは次回に書きます。