アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

イギリスで風邪

 風邪をひいてしばらく寝込んでいた。滞在6ヶ月目にして初めての病気らしい病気だ。たぶん旅行疲れ、あるいは疲れを放置して帰国翌日も図書館やらパブやらで活動した反動だと思う。

 イギリスの風邪は、日本と比べると症状はやや浅いが完治が遅い。先週の月曜日に初期症状が出て、かれこれ7日間くらいずっと熱が37度台から下がらなかった。まあ今回は2学期の第1週で出席必須のIntroductionが多かったという事情もある(日本でもそうだけど、学期の最初の週はコースの概要説明やらチーム分けやらがあったりするので、ここを欠席すると授業についていくのがぐっと困難になる。特にノンネイティブには大変)。

 具体的な症状としては、乾燥しているからか、はたまたあちこちでスパスパ煙草を吸っている人がいるからか、咳が特にひどい。本旨とは外れるが、少しでも喉を労わろうとTESCOで買った飴をずっと舐めていたら、どうも歯のエナメル質が削れて(溶けて)しまったらしく、歯磨きでしみるようになってしまった。飴の舐めすぎにも注意。今は代わりに咳止めシロップを飲んでいる(うがい薬を飲んでいるような味)。

 ただ、基本的には日本と同じ処置で問題ないと思う。野菜を中心に栄養のある温かいものを食べ(こういうときに料理を作ってくれる奥さんには本当に感謝している)、暖かくしてたっぷり眠る。

 風邪はけっこう流行っているようで、アパートのそこかしこからゴホゴホいう声が聞こえている。イギリスではマスクをする習慣はないので、当然ウイルスは街中に拡散されることになる。東京よりもずっと人口密度が低いのはいいことだが、やはり体調管理は大切。