アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

ブログを書き続けること

 ようやくこのブログも記事数が60を超えた。PV的には過疎と呼んで差し支えない低空飛行だけど、まず自分がブログを続けられたことが嬉しい。

 白状すると、僕は以前にも何度かブログを書こうと思ったことがある。が、いずれも長続きせずに三日坊主で終わってしまった。このブログも、最初の方のエントリーを見ればわかるように、3回だけ書いて2ヶ月くらい間が空いている。再開のきっかけは奥さんに指導を受けたからだ。

 まずは自分の書きやすい文体で書くこと。僕の場合は普段書いている日記と同じ文体で書いている。文章を書きなれていない人がいきなり敬体(ですます調)で書いたりすると、ぎこちない文章になってしまって極めて書きにくい。

 それから長いエントリーを書こうとしないこと。「ブログ 記事 字数」といったワードで検索すると、1500文字とか3000文字を推奨字数とする記事が多い。が、僕みたいにそもそも文章を書いた経験が乏しい人間からすると、1500文字ってけっこう長い。大抵の場合、話題があっちこっちにそれて収拾がつかなくなったり、まとまりのないエントリーになってしまう(内容の水増しを暗に推奨するブログも多いけど。。。)。経験上、1つの主題に関してメモ書きのように思うことをパラパラと、主題から外れないくらいに書くと600字〜800字程度になる。このくらいが無理なくブログを続けられる字数なんじゃないかと思う。

 SEOを考えるのであればもう少し長い記事がよいのだろうけど、別にブログで食っていく(またはお小遣いを稼ぐ)ことを目的としていない場合は「自分の書きやすいスタイル」でよいと思う。