Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

ヒゲを伸ばす

 エディンバラに来てから数ヶ月して、ヒゲを伸ばし始めた。理由は色々あるが、まず第一に、若く見られることがあまりにも多かったから。イギリスに来るとアジア人は童顔に見えるらしく、「大学を卒業してから6〜7年働いた」というと驚かれることが多い(大学卒業したてだと思われているようだ)。また、スーパーマーケットでアルコールを買うたびに身分証の提示を要求される。ちなみにうちの奥さんは童顔でぽやーんとした顔をしているので、さらに若く見られる。彼女が身分証を見せると店員は「ワオ、198X年生まれだったのか、まいったねこりゃ」みたいなことを言われたりする。

 2つ目の理由は、単に楽だから。ヒゲを作らない場合は毎朝剃る必要があるけれど、今は週に1度手入れするだけでいい。

 手入れは主にバリカン(長さを調整できるやつ)で行う。僕の場合はAmazon UKで10ポンドくらいのを買った。これでヒゲを短くしつつ、日本から持ち込んだ普通の電動髭剃りで頰や首などの余計な部分に生えたヒゲを剃る。所要時間は5分ほど。とても楽。

 ヒゲを伸ばしてからはアルコールを買うときに身分証を求められることも減った。どうにかイギリスの基準で年相応くらいにはなっていると思う(日本的基準で見るとアラサーどころかアラフォーに見えなくもないが)。

 エディンバラで生活していると、明らかに「ヒゲ率」は日本より高い。ヒゲをふさふささせている人を見かけると「このくらい伸びたら暖かいだろうな」と思ったりするけど、実際には一定以上伸びると飲食の邪魔になる(頻繁に飲み物とかがついたりする)ので、ある程度の長さで止めておくのがよいと思う。