Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

Reading List

大学院

 合格通知を受け取った後、勉強面で何を準備すればいいか戸惑うことがあると思う。僕の場合はReading Listを事前に確認して読んでいた。

 Reading Listとは、各授業の担当者が指定する文献のリストのこと。エディンバラ大学の場合、履修科目一覧のページから各授業の狙いや受講条件、Reading Listなどを確認することができる。多くの場合、10〜20くらいの書籍や論文がリストアップされていると思う(実習系の授業はまったく指定されない場合もある)。

 僕は1学期に履修するであろう授業を調べ、各授業のReading Listに指定されていた文献をKindleで買い、国内にいるうちに読んでいた。日本語で入手出来る文献は日本語も読んだ。邪道かもしれないけど、英語で内容がつかめずに落第するよりはずっといい。

 このReading Listを事前に読んでおけば授業の開始後に慌てて文献を読まなくても済む(もちろん、どんなに準備しても課題の提出前には慌ただしくなるものだが……)。その授業で何を勉強するか具体的なイメージもつかめると思う。

 ただし、Reading Listの重要度は授業によってまちまち。「毎週講義で使うから必ず読んでね」という授業もあれば、「別に必須ではないけどこのあたりを読んでおくと授業への理解が深まるよ」という場合もある。とはいえ、渡英前に時間があるなら読んでおいて損はないと思う。