アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

ビザ手続き(4)配偶者のビザ

 前回記事で僕のビザ取得は完了したけど、奥さんもビザを取得したので一緒に解説します。

 Tier 4(学生)ビザで渡英する場合、条件がそろえば扶養家族もイギリスに滞在することが出来る(コース期間が1年以上とか色々条件があるので要確認)。手続きの流れは学生本人のビザとまったく同じ。UK Visas & Immigrationのページからアカウントを作成し、フォームに記入して印刷し、その他の書類も用意し、アポイントメントを取って申請センターで書類を提出し、仮ビザを受け取って渡英後にBRPを受け取る。

 本人のビザ申請よりも、書類は多めになる。まず銀行の残高証明。大雑把に言うと学費+生活費をまかなえるだけの金額が1ヶ月くらい通帳に入っていればOK。名義は学生ビザ取得者(=僕)だったけど、ビザ申請者(=奥さん)でもいいかもしれない。次に戸籍(配偶者であることの確認)。残高、戸籍とも英訳してもらう必要があるので、業者を探して翻訳してもらい、翻訳証明書と一緒に提出した。それから学生ビザ取得者のパスポートのコピー(顔写真のページとビザのページ)。うちの奥さんは最初に申請センターに行ったとき、戸籍証明と僕のパスポートコピーを持っていなかったので、窓口の人に言われてアポイントメントをいったんキャンセルし、後日書類を揃えて再び挑戦した。幸い奥さんのビザも一回で承認され、今は2人でエディンバラに暮らしている。

 ビザ申請にあたっては先人たちのブログを参考にしたけど、やはり留学は単身で行く人が多いので、扶養家族とかそのあたりの話になるとがくっと体験談の数が減る。同様に苦労した2人用の部屋探しについても、おいおい書きたい。