アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

選択と集中

 1年の留学期間は短い。当然、あれもこれも達成することはできない。必然的に、何を捨てて何を選ぶか迫られることになる。

 僕の場合、日本にいるときも特に社交的な性格というわけではなかったので、こちらでも特にサークルや地域活動などには顔を出していない。活動的な人は友人とバーベキューやらアイススケートしたり、FacebookやMeetup.comで会合に参加したり、パブに行って地元の人と話したりするんだろうけど、少なくとも今までは特にそういった活動をせずに過ごしてきた。

 留学というと、異国の地で世界中に友人ができたりとか、寮のキッチンで各国の料理を持ち寄ってパーティしたりとか、ボーイフレンド・ガールフレンドができたりとか(実際僕の周囲でも何組かカップルが成立しているようだ)、僕もブログでは見たことがあるけれど、実際にやったことはない。そこはアラサーかつ既婚なので仕方ない。

 いや、別に人と仲良くしたくないとかそういうわけではない。僕もたまには知り合いとパブに行ったりクリスマスマーケットに行ったりする。ただ、そんなに長居はしないし、部屋にいたいと思ったら申し訳ないけど断るときがある(こういうときに既婚者だとちょっと便利で、「いや、その日は奥さんと約束しているから」とか「すまないけど奥さんを待たせているので帰るよ」とか言えてしまう)。

 休日は近くのカフェに行ったり(といっても別に積極的に新しい場所を開拓しているわけではない)、まとまった休みには奥さんと旅行に出たりしている。あとはだいたい部屋で本を読んだり、映画を観たり、コードを書いたりしている。