アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

エディンバラの中国人留学生たち(1)

 エディンバラの大学院にはとにかく中国人学生が多い。僕の専攻では過半数(!)が中国人だ。話を聞く限りだと、「それほど英語を使わなくてよい」かつ「就職に役立ちそうな」専攻が特に人気らしい。

 英語のスコアに自信のない学生が修士課程の開始前に通うPre-sessional schoolでは、実に8割近くが中国からの学生だった。ちなみに、僕のいたPre-sessional schoolには理系の学生が集まっていたのだけど、中国人学生の7割は女子だったらしい。今は日本でもそうなのかな?

 確率の問題なのか、服装の好みが似ているのか、僕は初見だとまず間違いなく中国人だと思われるようで、よく「中国人ですか?」と聞かれる。そのうち3回に1回くらいは中国語で聞かれる(中国語は勉強したことがないのでよく理解できないけど、これだけは何となくわかるようになってしまった)。僕も「ニーハオ」と言われると「ニーハオ」と返してしまうのがよくないのかもしれない。

 ちょっと話は脱線するけど、エディンバラに来てから僕に対して「日本人か?」と聞いてきたのは、8月に住んでいた宿舎の近くに座っているホームレスっぽいお兄ちゃんだけだった。そのときはどう対応したらいいのかわからず曖昧に返事して通り過ぎてしまったけど、今から思えばちょっと話くらいはしてもよかったかもしれない。