Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

リスニング学習:シャドーイング

英語学習

 リスニングに関してはあまり書きたくなかった。なぜなら最も苦手な分野だから。まったく英語が聞き取れずに、冗談じゃなく何度も苦しんできた。留学中の今も、というか留学中もなお苦しみ続けている。このリスニング地獄を脱却するために色んな方法を試してきたけど、ここではシャドーイングを紹介する。

 

 シャドーイングとは、音声を耳で聞きながら口で繰り返すこと。リスニングやスピーキングに関する様々な能力が鍛えられる。

 

 まずスクリプトつきのリスニング音源を用意する。TOEFLやIELTSのリスニング問題でもよいし、市販の音源でもよい。ネイティブスピーカーが普通の速さで話していれば何でもよい。最初はせいぜい5〜6分くらい、場合によっては1〜2分の短いスクリプトでもよいと思う。自分にとって「だいたい言っていることはわかるかな」くらいの難易度が最適。その後、以下の工程でシャドーイングを行う。

 

 (1)普通にリスニングして意味を聞き取る

 (2)スクリプトを読んで内容を完全に把握する

 (3)スクリプトを音読する

 (4)スクリプトを読みながら音声を聞いてシャドーイングする

 (5)スクリプトを見ないで音声を聞いてシャドーイングする

 

 最終的には「(5)スクリプトを見ないで音声を聞いてシャドーイングする」が出来ればよいので、適宜飛ばしてもよい。はじめは2回ずつくらいやるのがよい。

 

 実際にやってみるとわかるけど、かなり疲れる。たとえば5分のスクリプトで各工程を2回ずつこなすと、それだけで1時間近くになる。しかしリスニングだけでなく、英語の素早い理解力や発音など様々な分野のトレーニングになるので、特に初学者にはかなりおすすめ。