アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

関税を取り戻せ(2)返信編

 前回記事の続き。関税について。

 

 Parcel Forceから受け取った関税支払通知には「20日以内に支払いをしないと差出人に返送する」と書かれていた。日本から荷物を再送すると、関税分よりはるかに高い送料がかかってしまう。かといって、関税を取り戻す手続きがイギリスで20日以内に終わるかすこぶる怪しい。仕方なくParcel Forceのウェブサイトから関税を支払い、2〜3日後に荷物は届いた。とりあえず日本からの荷物がすべて手元に届いて一安心。

 

 さて、関税を取り戻すにはどうするか。支払通知や同じ目に遭われた方のブログによると、BOR286という書類を提出することで異議申し立てができるらしい。早速ダウンロードして、必要事項を記入。申し立ての理由には「この荷物は商用でもギフトでもなく、個人的に使用するため自分宛に送ったもの」という趣旨を書いた。必要な添付書類(インボイスのコピーなど)も同封して、Border Forceに郵送した。

 

 結果が分かり次第、続報を書きます。