アラサー社会人のイギリス大学院留学

エディンバラ大学の修士課程で四苦八苦しながら勉強しています。

大学院

Processingとp5.js

1学期の授業でProcessingという言語(兼開発環境)を使った。ProcessingはJavaをベースとしたビジュアル表現のための言語で、慣れると極めて簡単にジェネレーティブ・アートが作れたりビジュアル・ジョッキーのようなことができたりする。僕は今までJavaを…

コミュ障こそリーダーになるべき、かもしれない

前にも何度か書いたけれど僕はコミュ障である。別に他人とコミュニケーションをまったく取れないわけではないけど、疲れるし齟齬は多いし、個人作業の方がずっと向いている。しかし不幸なことにグループ作業をしなければならないケースは世の中にあふれてい…

グループチャットネイティブ

グループで取り組む授業のチームメイトに、大学を出たての中国出身の男の子(仮にJ君としておく)がいる。彼はアニメーション学科卒で、とても絵が上手いのだけどITが苦手である。彼のIT知識に関して、ちょっと面白いすれ違い(?)があったのでメモしてお…

チーム仕事

授業ではチームで課題を提出することがある。1学期は個人作業が多かったけど、2学期は応用・実践的な課題が多くなってきたためかチームで作業することが多い。当然ながらチームメンバーの出身地は多彩だ。スコットランド、中国、インドネシア、クウェート…

Reading List

合格通知を受け取った後、勉強面で何を準備すればいいか戸惑うことがあると思う。僕の場合はReading Listを事前に確認して読んでいた。 Reading Listとは、各授業の担当者が指定する文献のリストのこと。エディンバラ大学の場合、履修科目一覧のページから各…

デザインをサボらない

デザイン課題をいくつかこなして気づいたことのひとつは、デザインをサボると退屈で単調な作品になってしまうということ。当たり前なんだけど、大事。 僕はもともとエンジニアなので、エンジニア的サボりぐせというか、楽できるところは楽しちゃおうという意…

デザインの色使い

大学院ではデザインの勉強をしているのだけど、僕はデザイナーとしてのバックグラウンドを持っていない(ずっとソフトウェアエンジニア的な仕事をしてきた)。対照的に周囲はデザイン学部を卒業して3Dアニメーションとか作っていたり、プロのウェブデザイナ…

"Learn how to learn"

"Learn how to learn" これは入学式で学生団体(EUSA)の代表が新入生に向けて言っていた言葉。いわく、大学には勉強を助けてくれる手段が数え切れないくらいあるので、やりやすい/効率的な/自分にあった方法で学ぶことを学びなさい、とのこと。 入学して…

エディンバラ大学の成績

エディンバラ大学での成績は0〜100の点数(Mark)で表現されます。いろいろと細かい例外規定や救済措置もありますが、ざっくり50点以上取れればその授業は合格。 点数は大まかにGradeに別れている。たとえば50〜59点がC、60〜69がB、70〜79がA3(Aランクだけ…